浄土宗大阪教区・教化団

「恒河沙」(2018年盆号〔第62号〕)を発行しました

このたび「恒河沙」の2018年盆号(第62号)ができあがりました。
大阪教区教化団では、お正月とお盆の時期に、教化リーフレット「恒河沙」を発行しています。
ご希望の方は、各菩提寺にお申し出いただくか、こちらへご連絡下さい。

〈第62号の内容〉
○法然上人への質問!八
法然上人の数ある問答の中から「十二問答」を紹介・解説しています。
今回は第十二問答
○日常勤行について学ぼう!
浄土宗でお勤めするお経の意味を分かり易く解説していきます。
今回は「歎仏偈」について
○「身近な仏教語」~玄関~

教化ポスター(平成30年夏版)を作成しました

大阪教区教化団では、年に2回(夏・冬)掲示伝道用のポスター(B3サイズ・4種類)を作成し、府内の全浄土宗寺院に配付しています。
今回もポスター画は日本画家の中田文花さんに描いていただきました。

新教務所での執務を開始しました

一心寺北会所(浄土宗大阪教区教務所)の建て替えのため、長らく一心寺南会所の2階に教務所を移していましたが、
平成30年3月12日(月)より、建て替えられた新教務所にて執務を開始いたしました。

それに伴い、住所が下記となっておりますので、よろしくお願いいたします。


〒543-0062
大阪市天王寺区逢阪1-3-19 TEL06-6771-7784

※地図はこちら

『寺院備災ガイドブック』ご活用のお薦め

日本では1995年の阪神淡路大震災から現在までで、震度6以上の地震が40回以上も起きています。まさに今、日本列島は地震活動期にあります。次の大震災に襲われるのは大阪かもしれません。
また近年は毎年のように大規模な風水害も発生し、いざという時の備えも、もはや想定外では済まされません。
浄土宗大阪教区といたしましては、過去2回にわたり『減災の手引き』をお届けしておりましたが、今回は、医療マニュアルや避難所運営マニュアル等がより一層詳しく掲載されております、仏教NGOネットワーク発行の『寺院備災ガイドブック』を教区内全寺院にお届けいたしました。
然るべきに備えて、充分にご活用されますことをお薦め申し上げます。